なでしこリーグ2011 INAC神戸レオネッサ優勝

女子サッカー、なでしこリーグにおいて、INAC神戸が初優勝しました!

おめでとうございます。

INAC神戸には、なでしこジャパンのメンバー、澤選手や大野選手、近賀選手と優秀な選手がたくさん所属していますが、そのような優秀な選手をまとめ上げた星川監督は、またすばらしいなと思います。

写真は、名古屋駅近くの心グループ本部オフィスの入口にかけてあるのれんです。

<心 のれん>

出張無料法律相談会@三重県伊勢市

明日(13日〈日〉)・明後日(14日〈月〉)と三重県伊勢市の伊勢市観光文化会館にて、出張無料法律相談会を開催いたします(主催:弁護士法人心)。

9月23日(金)・24日(土)にも、同じ場所で行ったのですが、非常に多くの方に来ていただき、またぜひ来てほしいとの声が多かったため、2か月もたたないうちに、再度、開催することになりました。

法律に関係することで困りごとがある方は、この機会に、ぜひ来て下さいね。

詳細につきましては、こちらをご覧下さい<クリック>

写真は、以前に三重県内で撮影したバラです。

以前に私もバラを育てたことがありますが、きれいに咲かせるのは結構手間暇かけないといけないんですよね。

<バラ>

女子フィギュアスケート NHK杯

女子フィギュアスケートNHK杯では、鈴木明子選手が優勝、浅田真央選手が2位になりました。

おめでとうございます!

日本人選手が世界で活躍するのは、本当うれしいですね。

しかも、最近のスポーツ界では、女性の活躍が目立っているように思います。

心グループでも、活躍している女性弁護士や女性スタッフはたくさんおり、男女問わず切磋琢磨できる環境が整っているかなと思います。

写真は、名古屋駅近くの心グループ本部オフィスの相談室に飾ってあるアートフラワーです。

女性スタッフが、相談室に飾りたいと買ってきてくれました。

<ピンクのアートフラワー>

夕食@三重県鳥羽市

夕食は、海の幸をたくさん頂きました。

御馳走の数々を写真で御覧下さい。

<鮑のステーキ>

<伊勢エビや鮮魚のお造り>

<鯛の煮つけ>

<天ぷら>

<デザート>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る

仮面@三重県鳥羽市

宿泊した宿は、3つのダンスホールがある少し変わった宿でした。

ホテル内には、写真のような仮面がいくつも飾ってありました。

夜見るとちょっとびっくりしてしまうかも…。

<仮面>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る

海@三重県鳥羽市

写真は、ホテルの部屋から見た海です。

真珠筏がたくさん見えます。

また、遠くには大小の島々が見えています。

海を眺めていると、心が落ち着きますね…。

<鳥羽の海>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る

真珠コレクション@三重県鳥羽市 ミキモト真珠島

「真珠博物館」には、真珠を使った装飾品や美術品がたくさんありました。

その中の1つ「地球儀」です。

海の部分が、真珠で埋め尽くされています。

また、赤道にはルビーが、黄道にはダイヤモンドが使用されており、眩しいぐらいでした。

<地球儀>

引き続き、真珠コレクションの紹介です。

写真は、真珠の「五重塔」です。

大正15年のアメリカ独立150年記念万博博覧会に出品したそうです。

細かなところまでこだわって作られており、圧巻でした。

<五重塔>

こちらは、真珠で装飾された「琵琶」です。

大粒の真珠が使用されていましたが、上品で荘厳な雰囲気がしました。

<琵琶>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る

シャコガイ@三重県鳥羽市 ミキモト真珠島

ミキモト真珠島には、真珠養殖や真珠の種類について教えてくれる「真珠博物館」がありました。

きれいな真珠ができる確率は、核入れをしたアコヤガイの30%以下とのことで、約半分のアコヤガイは途中で死んでしまうそうです。

また、特に美しいと言われる「花珠」は全体の5%ほどしかできないそうです。

写真は、「真珠博物館」にあった『シャコガイ』です。

写真からは分かりづらいかもしれませんが、とても大きく150キロもあるそうです。

<シャコガイ>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る

海女@三重県鳥羽市 ミキモト真珠島

ミキモト真珠島を訪れると、ちょうど海女の実演をしていました。

アコヤガイを採取したり、核入れをしたアコヤガイを海中に戻したりと真珠の養殖には海女の存在が不可欠であったそうです。

今では、海女が真珠の養殖に関わってはいませんが、海女の活躍を伝えるために実演を続けているそうです。

<海女>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る

鳥羽駅に到着

名古屋駅から近鉄特急に乗り、1時間40分ほどで三重県の鳥羽駅に到着しました。

実は、鳥羽には、仕事では、年に何度も来るのですが、観光ということになると、また違った気分です。

鳥羽駅には、御木本幸吉氏の銅像があります。

さすが真珠養殖の町ですね。

まずは、ミキモト真珠島に行こうと思います。

<御木本幸吉氏銅像>

▲ 鳥羽旅行(H23)の目次へ戻る